終活相談の窓口 福岡県 朝倉市 終活の相談 介護支援整理 遺品整理士が今日からできる目からウロコの楽々整理術を教えます 終活カウンセラーがつくりあげたエンディングノート 結絆サポート(ゆきサポート)にお任せください。

結絆サポート流整理術「モノを減らす・捨てるルール」

「いつか使うかも」「もったいない」

・「いるモノ」「いらないモノ」「考え中」、出来るところから無理をせずにが重要!

・最初は、ルールも緩め、範囲も少な目(引出し一つ)。

日用品・家庭用品の定番を決める!

・お得な商品だからといって買い足さない。・自分のお気に入りの商品だけに決める。

・ハンガーや洗濯バサミなど、統一出来る家庭用品は同じモノを揃える。

保管の時期を決める!

・お守りやおふだ ・給与明細 ・クレジットカード明細 ・名刺 ・年賀状 ・手紙

・化粧品のサンプル ※個人情報は、シュレッダーやスタンプで漏れないよう注意。

収納を増やさない!

・収納空間に余裕が出来た分、あらたにモノが増えることに。今ある収納に収まる量に、モノを減らすことを原則に!

モノの一定量を決める!

・紙袋 ・日用品のストック

壊れたもの・欠けたものは修理か処分!

・扇風機の角度調整が出来ないモノ・重たいアイロンン等・欠けた大皿、お揃いのカップ等

・使わないモノは早目に処分して、スペースを有効活用。

捨てるが難しければ、「リサイクル」や「寄付」

・「捨てる!」のが苦手であれば、使ってくれる人に売る、活用可能な団体に寄付を!

使用頻度が低いモノは、親戚や友人と共有する!

・高圧洗浄機やバーベキューセットなど、年に数度しか使用しないものは共有してスペースを減らす工夫も可能。

同じ用途のモノは、数を減らす!

・引出しの中のモノを全部出してみると、同じモノが3つ・4つ。こんなものが、隠れていた。

 同じ用途のモノは、並べて手に取ってみて、一番使いやすいものだけに。

※特にキッチン用品など

モノを置く場所を再検討する。収納方法を見直す!

・使いやすい場所見つけることで、無駄な収納用品を使わなくて良いことも。

・キレイに収納するのではなく、使いやすい収納に。

・ラベルを貼るなど「中身がわかるやすい」工夫を。

使わなくなったモノは処分する!

・度の合わなくなったメガネ・サイズの合わなくなった服や靴・昔々の服や靴

・子ども達が使っていた、ビニールプール・おもちゃ等

頂き物などはお気持ちに感謝して、リサイクルに!

・一定期間が経過したのち、お気持ちを受け取って、(未使用であれば)リサイクルに!

※贈る側の場合、先様にお好みを確認するなどの配慮を。

 

遺品整理士が教える整理術です。

・キチンと仕分けをすることで、探しモノをすることがなくなります!

・片付けやすい部屋・掃除がしやすい部屋になります!

・不要なモノを処分することで、ゆとりのスペースが生まれます!

・ダブって買うものが減り、節約にも繋がります!

 

ご紹介したのは、ほんの一部。

細かく1つ1つ解説したものをエンディングノートにも付録としてお付けしています。

生前整理を今からスタートすれば、ゆとりを持つことができます。

御相談受付ています。

お気軽にお電話くださいませ。

お気軽にお問合わせください TEL 0120-115-669 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook

終活相談の窓口 ゆきサポート

PAGETOP